top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
美又温泉 とろとろの「美人の湯」で評判な良質の温泉。
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

旅館みくにやの位置

マーカーをクリックすると、詳しい地図のページをご覧いただけます。

旅館みくにや 二つの源泉が交わるお湯自慢の宿。

旅館みくにや 二つの源泉が交わるお湯自慢の宿。

美又温泉の良いものを伝えて。

 美又温泉の温泉街の真ん中辺りに、家紋の入った大きなのれんと格子が印象的な旅館みくにやがある。大きなガラスと木枠の引き戸を開けると、ひんやりと石が敷かれた玄関。老舗旅館の一つで、一番古い部分は明治時代からあるという建物を手入れし、湯治宿の風情を残す。

 本館は、川に面していて、2階の客室から川のせせらぎとともに眺める事ができる。本館の客室はトイレは共同になるが、玄関や階段、客室の欄間や柱など、建てた当時に贅を尽くしたことをうかがえる立派な造りだ。美又温泉街に架かる看板部分が新館への通路になっていて、新館は朝食会場、大広間、トイレ付きの客室もある。こちらは増設した部分で、本館より新しいが、通路を渡り客室へは階段を上がることになる。

 料理は、料理人の主人が地元の野菜、浜田の新鮮な魚介類を使い腕を振るう。山菜や古代米など、自然豊かな土地にできるものを使っているが、それがヘルシーで体に良い食材となっている。そして、人気のお風呂。源泉から近く、二つの源泉が交わる位置に宿があるということもあり、みくにやの湯質もとても良いそうだ。

 古い旅館に、彩りを添えるのは女将の手作りのもの。箸置き、ランチョンマット、お菓子など、ちょっとしたものが和やかな気持ちに。みくにや特製の湯のみもコロンとしたカタチで長い間使われている。美又にあるものをいかして大事にしている宿。

旅館みくにやの魅力を、クリックしてご覧下さい。(フォトギャラリー)

この宿を予約する

旅館みくにや

旅館みくにや

sp
sp
sp
本館客室 / 旅館みくにや
本館は、古い建物で客室も柱や欄間など当時を偲ばせる意匠が残っています。トイレは共同となりますが、お風呂も本館にあるので近いです。川沿いに建つため、せせらぎの音を感じながらの滞在に。

新館は、2階から通路を渡り、朝食会場がある建物になります。本館に比べて新しい建物になり、トイレ付きの部屋もございます。階段が多いので、足が悪い方にはおすすめできません。
 
主人が魚介類など浜田の港まで仕入れに出かけ、料理します。
お米は、浜田市旭町産。野菜も、豊かな自然に育まれた地元のものです。春には山菜も。

日本海の魚を中心に、野菜たっぷりで古代米を使うなど、地元にあるものを使うことでヘルシーで体に良い料理に。関西出身の女将の好みで、薄味を心がけています。
料理 / 旅館みくにや
 
風呂 / 旅館みくにや
「美人の湯」と呼ばれる無色無臭透明のアルカリ泉は、なめらかで良質のお湯として評判です。源泉掛け流しでお楽しみください。川沿いにお風呂場があるので、窓を開けて景色とせせらぎを楽しみながら。
 
  平日料金 休前日料金
1泊2食付(スタンダード) ¥8,000 サービスなし
1泊2食付(ファースト) ¥10,000 ¥10,000
1泊2食付(デラックス) ¥12,000 ¥12,000
1泊朝食付 ¥6,000 サービスなし
お子様料金 ・大人に準じたお食事の場合:大人料金の80%
・お子様ランチの場合:大人料金の50%
・(幼児の方向け)必要に応じて、食事(夕食+朝食):¥2,000、布団¥2,000
・食事も布団も必要ない場合:無料
チェック 部屋での食事 夕食はお部屋で、朝食は食堂でお召し上がり頂きます。
チェック クレジットカード JCB,VISA,MASTER,DC,AMEX
チェック 駐車場 8台(無料)
チェック 送迎 金城PAバス停(高速バス)まで
*事前にご相談下さい。
チェック 洗顔セット 歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル、石鹸
チェック バスセット バスタオル、浴衣
チェック 貸し出し品 ドライヤー、将棋、囲碁、麻雀、花札

 

旅館みくにやについて

 

【収容人数】 36人
【客室数】 和室 13 
【料金(1泊2食付)】 8,000円(税別)~
【ロケーション】 浜田駅から車20分
チェックイン 15時、チェックアウト 11時

旅館みくにや

〒697-0301
島根県浜田市金城町追原7-3

この宿を予約する

 
sp