top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
大山・皆生温泉 中国地方随一の名峰「大山」と、そのすそ野にある潮湯「皆生温泉」。
sp
sp
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

皆生風雅 美と古雅の宿。

皆生風雅 美と古雅の宿。

宿で過ごす、ゆったりとした贅沢な時間。

 「皆生風雅」は一言で言うと贅沢な宿である。そして、民芸館は陶芸家の河井寛次郎がデザインした建物である。4,000坪の敷地に26室しかなく、半分以上が庭園と坪庭になっており、部屋だけではなく、廊下やお風呂等、全てがゆったりとしたつくりになっている。
 何もないと謙遜されるが、本心は、おいしい料理とゆったりとした部屋で、ゆるりとして欲しいとの願いがある。引き算の美学である。
 特に力を入れているその料理は、地元のこだわり野菜と鮮度にこだわり、天然物の魚のみで調理され、通常肉料理は出さない。それ故に味付けもメリハリを持たせ、料理全体の流れまで心配りしている。
 基本的な毎月の献立よりも、日々水揚げされたおいしいものがあればそちらを使い、料理人としてベストのものを出したいとの事である。広間で戴くのもよいが、この宿の意図を汲み取ると部屋食(夕食のみ)がお勧めである。
 日常から離れてゆっくり、ゆったり出来るこの宿はお気に入りの本でも持っていくとよいだろう。
 ときめきではなくゆったりをと、これからも中途半端にならない旅館を目指している。

皆生風雅 の魅力を、クリックしてご覧下さい。(フォトギャラリー)

この宿を予約する

皆生風雅

皆生風雅

sp
sp
sp
客室 / 皆生風雅
窓からは、大山の眺望と自慢の庭園を望み、どの客室も二間以上あり、ゆったりとした造りになっています。
和室二間の客室と、和室+ツインベットの客室からお選びいただけます。
 
弓ヶ浜の白ねぎを始めとする新鮮な地野菜や果物、大山山麓の豊かな自然に育まれた和牛、山菜、日本海で水揚げされる冬の松葉がにや、夏の岩がきに代表される新鮮な海の幸。贅沢な自然の恵みを堪能するには、最適な環境に位置しています。そのため、地元の食材を大切にした正統派の会席料理です。盛り付けやアレンジに料理長の心配りが感じられます。
夕食 / 皆生風雅
 
風呂 / 皆生風雅
男湯、女湯とも露天風呂を備え、ゆったりとしたお風呂です。他、有料の家族風呂もあります。
 
チェック 部屋での食事 お一人様2,100円アップで、対応致します。
チェック クレジットカード JCB、VISA、MASTER、DC、ミリオン、AMEX
チェック 駐車場 80台(無料)
  送迎  
チェック 洗顔セット 歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル
チェック バスセット バスタオル、カミソリ、浴衣
チェック 貸し出し品 ズボンプレッサー、アイロン、トランプ(いずれも無料)

 

皆生風雅について

 

【収容人数】 100人
【客室数】 和室 26
【料金(1泊2食付)】 13,800円~
【ロケーション】 米子駅から車15分
チェックイン 15時、チェックアウト 10時

皆生風雅

〒683-0001
鳥取県米子市皆生温泉3-16-1

この宿を予約する

 
sp