top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
湯本温泉旅館協同組合公式ページ
sp
sp
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

地域の紹介リンク

宿のトップページへ戻る

風呂の詳細は画面をスクロールしてご覧ください。

風呂・当館浴場の詳細をご案内

 

湯本温泉ホテル枕水・風呂

高野槙を使った桶露天風呂は06年6月に新設しました。また、「神泉の湯」の岩は、今では採取できない四国景勝地大歩危 (おおぼけ)の片磨岩を 使った大岩風呂です。

この宿を予約する

恋の伝説が残る川沿いの温泉街。

sp
sp
sp

風呂

 


風呂名 大浴場“神泉の湯” / 庭園露天風呂“如意宝珠の湯”
特長 「神泉の湯」の岩は、今では採取できない四国景勝地大歩危 (おおぼけ)の片磨岩を 使った大岩風呂です。

「如意宝珠の湯」と「神泉の湯は併設しています。
備考 ・収容:40名
・開放時間:15時~12時30分
・シャワー、シャンプー、リンス、ボディーソープ
*21時をもって男女入れ替えとなります。(20時30分より21時の間は清掃のためご利用できません)
外来入浴 ・ご利用時間:15時~20時
・料金:大人700円、子供400円(幼児は無料)
 
大浴場“千珠の湯”
高野槙の桶露天風呂“癒しの湯”
風呂名 大浴場 / 高野槙の桶露天風呂
特長 高野槙(こうやまき)は日本特産の常緑高木で和歌山県の高野山に多いことに由来します。耐水性にすぐれ、腐りにくく丈夫で、肌ざわりも絹のようにきめ細やかです。ほのかにただよう香りも上品で優しい感じがします。

弘法大師もこの高野槙をことのほか愛したそうです。山口県内では珍しいこの高野槙で、この度、高野槙の桶露天風呂としては日本最大級(直径2.8m)の露天風呂です。丸いおけ型で、輪(和なごみ)の空間で、木の優しい温もりを感じていただけたらと思います。

「癒しの湯」と「千珠の湯」は併設しています。
備考 ・収容:40名
・開放時間:15時~12時30分
・シャワー、シャンプー、リンス、ボディーソープ
*21時をもって男女入れ替えとなります。(20時30分より21時の間は清掃のためご利用できません)
外来入浴 ・ご利用時間:15時~20時
・料金:大人700円、子供400円(幼児は無料)
 

 

湯本温泉ホテル枕水について

 

【収容人数】 200人
【客室数】 和室 30、和洋室 6
【料金(1泊2食付)】 8,096円(税別)~
【ロケーション】 長門湯本駅から車3分
チェックイン 15時30分、チェックアウト 10時

湯本温泉ホテル枕水

〒759-4103
山口県長門市湯本

この宿を予約する

 
sp