top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
川棚温泉 「湧いてあふれる中にねている」種田山頭火
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

川棚グランドホテルの位置

マーカーをクリックすると、詳しい地図のページをご覧いただけます。

川棚グランドホテル 川棚らしく、新しく。

川棚グランドホテル 川棚らしく、新しく。

川棚の自然の豊かさを楽しむ。

 山口県下関市にある川棚温泉は、古くは藩主・毛利氏が湯治として利用した800年続く温泉地。背後を山に囲まれ、前方は田園風景の向こうに響灘の海に浮かぶ厚島を望める静かな温泉地である。小さな宿が点在する中、それとの対比でひときわ大きく近代的な建物が「川棚グランドホテル」である。

 川棚グランドホテルの魅力は、この地に根付いた文化をできるだけ提供し、充実した時間を過ごして欲しいとの姿勢を感じられることだろう。ただ、それは昔から守ってるものをずっと提供するというのも一つだが、ここではよき伝統は守りながらも時代のニーズに合わせ、できるだけ快適に提供するというやり方をとっている。

 具体的には、種田山頭火がこの地に100日間逗留し俳句を詠んでいるが、それを活かした「山頭火」という名の大浴場だ。この大浴場は建築家の有馬裕之氏が設計したもの。四角形の建物の大浴場は大きなガラス張りで、大浴場から続く露天風呂の壁面や脱衣所には山頭火の俳句が記されている。大浴場からは緑が見え、外に繋がる一体感があり、露天風呂では大浴場の灯りが漏れ、それが心地良さに繋がり、長湯する客が多いのも頷ける。

 そしてもう一つが近年できたダイニング「かえでてらす」である。前述の有馬氏の設計した茶室を囲むように楓の木が茂った中庭を眺められ、スタイリッシュで照度を落としシックな色調で統一されている。天然木のモザイクや、川棚の山から搬出した石積みはこのダイニングのハイライトで落ち着いた空間になっている。

 従来からの伝統を守りつつ、新しく殻を破ることを恐れず、最終的にはお客様のためという思いが伺える。半露天風呂にツインとリビングのバリアフリーの客室(臥龍梅の館)や露天檜風呂に和室(花椿の館)はそれが良く表れている。

 貸切り風呂などの様々な施設は充実している。共通するのはスペースにゆとりがある。手足を広げ、身も心もゆっくりと滞在したい。そして川棚の自然の豊かさを楽しみたい。格式を重んじた名宿とはまた違った趣であるが比肩し、山口を代表する宿の一つである。

川棚グランドホテルの魅力を、クリックしてご覧下さい。(フォトギャラリー)

この宿を予約する

ダイニング「かえでてらす」 / 川棚グランドホテル

中庭 / 川棚グランドホテル

sp
sp
sp
露天風呂付客室「花椿」 / 川棚グランドホテル
数ある客室タイプの中でも、「花椿(露天風呂付)」と「臥龍梅(半露天風呂付)」の客室は、天然温泉のお風呂が設備されています。そのため、いつでも気兼ねなく川棚の温泉を楽しめます。
 
料理は、「本場下関とらふくフルコース」がおすすめです。とらふくは地元・南風泊市場に揚がる行きた国内産のみを使用しています。また、当館ならではの珍味「とおとうみ」湯あらいをはじめ、ふく刺し、ちり、雑炊、唐揚げ等、本場のとらふくを堪能できます。ダイニング「かえでてらす」で、やわらかな川棚の風光に包まれた楓の中庭を眺めながら、川棚ならではの美味しい食文化を心地良い空間で味わえます。
本場下関とらふくフルコース / 川棚グランドホテル
 
貸切風呂 / 川棚グランドホテル
泉質は「弱アルカリ性ナトリウムイオン」の入った「ラジウム泉」。「弱アルカリ性ナトリウムイオン」は角質を軟化しお肌をすべすべに。「ラジウム泉」は抗酸化力を高め、老化防止に効果的です。 澄んだ空気のなか、さらさらのお湯に浸かれば、お肌も心もリフレッシュできます。
 
チェック 部屋での食事 お一人様2,000円アップにて対応致します。
(ご要望に沿えない日もございます。予めご了承ください)
チェック クレジットカード JCB、VISA、MASTER、AMEX、DC,UC、ダイナース等
チェック 駐車場 250台(無料)
チェック 送迎 JR川棚温泉駅まで
チェック 洗面セット 歯ブラシ、タオル、石鹸、カミソリ
チェック バスセット バスタオル、浴衣
  貸し出し品  

 

川棚グランドホテルについて

 

【収容人数】 250人
【客室数】 51
【料金(1泊2食付)】18,000円(税別)~
【ロケーション】 新下関駅から車 30分
チェックイン 15時、チェックアウト 10時

川棚グランドホテル

〒759-6301
山口県下関市豊浦町川棚温泉

この宿を予約する

 
sp