top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
美保関 海の神社と石畳の港町
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

浜延舎(はまのや) 松江市に登録されている歴史的建築物の一棟貸切りの宿。

浜延舎(はまのや) 松江市に登録されている歴史的建築物の一棟貸切りの宿。

船宿の面影残る古民家で・・・。

 「浜延舎(はまのや)」は、本館の福間館が運営する一棟貸し切りの古民家の宿泊施設だ。その浜延舎は松江市の登録歴史的建造物にも指定されている貴重な建物でもある。

 その指定された理由が書いてあるプレートには次のように書いてある。(要約)
<かつては「浜中屋」という屋号で、北前船で栄えた時代には船宿として使用されていました。2階からは美保湾が眺望でき、北前船が入津する際には見張り所として、水夫達をもてなす宴会場としても使用されたといわれています。
現在の建物は、建築様式や部材の加工状況などから明治後期頃に建築されたと考えられ、外観はほぼ建築当初の姿を残しています。外観には桟瓦や板壁などを使用し、美保関の町家の特徴である出桁や持ち送り梁と呼ばれる意匠が施されています。>

 入り口のくぐり戸や土壁、一枚板の天井など北前船時代の旅籠時代の面影がそのまま残っている。また囲炉裏や長火鉢などをあしらい、宿帳や全国の船長の名刺や生活用品など当時をしのばせる品々も飾ってある。歴史に思いを馳せながら美保関に滞在する時間は、旅の思い出になるだろう。

この宿を予約する

浜延舎(はまのや)

sp
sp
sp
客室 / 浜延舎(はまのや)
1階には8畳と8畳の二間続きのお部屋、2階には12畳と6畳のお部屋があり、合計4室あります。建物は江戸時代に作られた建物を造りはそのままに改装しています。普段とは一味違った異空間でゆっくりとお過ごしいただけます。
 
夕食と朝食は、本館の福間館(徒歩6分)でお召し上がりいただきます。夕食は、ご予算に合わせ2,000円と3,000円のコースをご用意しています。美保関港で朝穫れた新鮮な魚の季節の海鮮料理をお召し上がりください。
料理 / 本館「福間館」
 
館内 / 浜延舎(はまのや)
入り口のくぐり戸や土壁、一枚板の天井など北前船時代の旅籠時代の面影がそのまま残っています。また囲炉裏や長火鉢などをあしらい、宿帳や全国の船長の名刺や生活用品など当時をしのばせる品々も飾っています。
 
お一人様料金   2名1室 3~4名1室 5名以上1室
1棟貸切料金 平日 ¥5,000 ¥4,500 ¥4,000
休前日 ¥6,500 ¥6,000 ¥5,500
GW・お盆・年末年始
(12/31~1/3、5/3~5/5、8/9~8/16)
¥8,000 ¥7,500 ¥7,000
お食事料金 【夕食】¥2,000、¥3,000各コース選択
【朝食】¥1,200
  部屋での食事 本館「福間館」のお食事会場となります。
チェック クレジットカード JCB、VISA、MASTER、DC、ミリオン、AMEX等
チェック 駐車場 5台
チェック 送迎 2名様の場合、境港まで。有料1,000円/1回
*事前にご連絡下さい。
チェック 洗顔セット 歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル、石鹸、コップ
チェック バスセット バスタオル、浴衣
チェック 貸し出し品 釣竿

 

浜延舎(はまのや)について

 

【収容人数】 8人
【客室数】 和室 4
【料金(1泊2食付)】 7,200円(税別)~
【ロケーション】 境港駅から車20分
チェックイン 15時、チェックアウト 10時

浜延舎(はまのや)

〒690-1501
島根県松江市美保関町美保関586

この宿を予約する

 
sp