top
西日本の素敵な宿・高枕
ホームへ戻る
sp
温泉津温泉 日本で唯一の世界遺産区域の温泉街と、石見銀山。
sp
sp
 
 
sp
sp

このエリアのトップページへ戻る

世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは

世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは

石見銀山に泊まる。

 山に囲まれた石見銀山の大森地区、銀の採掘で栄えた町の名残がある古い町並み。その銀山の入り口にある「ゆずりは」。2012年、町に溶け込むように釘を一本も使っていない昔の工法で武家屋敷の跡地に建てられた宿だ。

 魅力はなんといっても石見銀山の町中に泊ることができること。木をふんだんに使った玄関やロビー、中庭など和の趣で落ち着いた雰囲気。客室は、和洋室はあるものの、木造の建物にして意外にも基本的に洋室となっている。大浴場もないこともあり、感覚的には旅館というよりはホテルに近い。

 食事は地元の和尚さんが作る田舎料理。国の指定史跡に指定されている渡辺家を通り、お食事処の、「まぶの家」でいただく。その料理は、地元の新鮮な魚や野菜を使い、手の込んだ内容になっている。

 世界遺産に登録された石見銀山は直後は多くの人が訪れたが、銀山跡の性格上、一般の人に派手さがなく分かりにくい観光地でもある。しかしながら、銀山だけでなく、そこで営んでいた人々の生活を垣間見ることができるのも、ここで泊まった人ならではの醍醐味。この宿にはこの里の魅力に気づき、想いを持っている人が携わっている。気軽に声をかけて石見銀山や大森の町などのことを尋ねると快く教えてくれ、滞在もより思い出深いものになるだろう。

世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは の魅力を、クリックしてご覧下さい。(フォトギャラリー)

この宿を予約する

ゆずりは / 世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは

敷地内 / 世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは

sp
sp
sp
客室 / 世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは
客室は全7室で、小さな宿です。離れと2階の客室は和洋室になっていますが、他はツインの洋室です。部屋の家具はすべて飛騨檜のオーダーメイドで、落ち着いた様子の部屋です。
 
魚、肉や野菜の地元の食材は本当に種類は豊かで、新鮮なものをとり揃えることができます。その食材の良さを引き出すよう料理を心がけています。会席料理ではなく、創作の季節の料理でおもてなしいたします。また食事を提供する、「まぶの家」は川のせせらぎも聞こえ、落ち着いた風情です。カウンター越しに調理場があり、お客様との接点も大事にしています。
料理 / 世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは
 
お食事処 / 世界遺産石見銀山 ゆずりは
客室や玄関・ロビーがある本館は2012年に建てたものですが、従来工法で町に溶け込むように造られています。また、食事処の「せせらぎ茶房 まぶの家」は道を隔ててあり、国史跡の「渡辺家住宅」をお通りいただきますが、当館ならではの一つの特長で、歴史を感じられるご移動になります。
 
お一人様料金 2名1室 3名1室 4名1室 5名1室
室料
洋室スタンダード
¥8,500 - - -
室料
洋室スイート
¥12,000 ¥10,000 - -
室料
和洋室スイート
¥14,000 ¥11,000 ¥9,500 ¥8,500
室料
離れ客室
¥21,000 - - -
お食事料金 【夕食】
 ゆずりは創作いなか料理¥4,100
 蟹一杯+ゆずりは創作いなか料理¥6,600(11月~3月)
 蟹三昧グレードアップ料理¥8,860(11月~3月)

【朝食】
 和食御膳¥1,750
  部屋での食事 お食事処となります。
チェック クレジットカード JCB,VISA,MASTER,DC等
チェック 駐車場 10台(無料)
  送迎  
チェック 洗顔セット 歯ブラシ、フェイスタオル、石鹸
チェック バスセット バスタオル、浴衣
チェック 貸し出し品 ズボンプレッサー、アイロン

 

世界遺産石見銀山の宿 ゆずりはについて

 

【収容人数】 19人
【客室数】 洋室 5、和洋室 1、離れ 1
【料金(1泊朝食付)】 14,350円(税込)~
【ロケーション】 大森バス停から徒歩 10分
チェックイン 15時、チェックアウト 10時

世界遺産石見銀山の宿 ゆずりは

〒694-0305
島根県大田市大森町二3-1

この宿を予約する

 
sp